出口のない迷路からの質問

サイコメトラーEIJIというマンガがかつてあって、非常に好きだっのだが、その中で非常に印象に残っているのが「その迷路に出口はあるのかい?」というセリフだ。ある事件を調べている刑事が、非常に頭の切れる犯罪者にもらったアドバイスだ。「刑事の思い込みが、容疑者の集合から犯人を除外してしまっている」というような意味だったように記憶している。

仕事上、いろいろな質問を受けるが、最も困る質問が「出口のない迷路からの質問」だ。

質問者のやったこと:
Cという事象が発生した。調べてみたところ、AによってBが発生しているようようだ。Cの原因がBということではないだろうかと推測。

質問者の質問:
BだとCになりますか?

ぼく:(こいつは一体何を言っているんだ?ハゲろ!)
ぼく:なんでそんな意味不明の質問が発生したの?まずその質問が発生した経緯を教えて。
ぼく:(なんでこんな質問の経緯を一からヒヤリングせにゃならんのだ。)

人間には先入観がある。その先入観はその人が持っている武器によって補強されていく。「ハンマーを持っている人には全てが釘に見える」なんてことわざがあるくらいだ。質問者はハンマーを解決策に選んだけれど、そもそもハンマーが妥当な解決策だというのは質問者の思い込みに過ぎないことが多い。

だから、質問はこうでなければならない。

質問者のあるべき質問:
Cという事象が発生しました。調べてみたところ、AによってBが発生しているようにみえます。Cの原因がBということだと推測したのですが、どう思われますか?

ぼく:なるほど、多分AもBも関係ないね。Dあたりを調べてみれば?


ただしい質問の仕方はおそらく

・質問の大元となった事実を言う
・(あれば)調査結果を言う
・(あれば)推論を言う
・意見を求める

であり、決して

・推論を言う
・意見を求める

ではない。

ということを質問者は意識しておいたほうがいいだろう。

古いPCをもらった話

お世話になった人にパソコンの相談をもらった。パソコンは超初心者。
インターネットの怪しいウィルス感染広告に騙されてしまってその業者にいろいろ処置されてしまったが、
・このパソコンは大丈夫か
・この後どうすればいいのか
という相談であった。

調査した結果、まあパソコン関係ではいろんなトラップがあることが分かったので、記録として残そうと思う。

0.PCが死ぬほどなんてもんじゃないほど遅い

作業をしようとしても、ある作業を起動してから実際に作業できるまで10分以上かかっていた。起動経過時間をみると221時間というものすごい時間。これが原因かなと思っていたが、調査を進めて行くと原因ではないことがわかった。ひょっとして高速スタートアップ有効にしておくと、シャットダウンしても経過時間が更新されないのかもしれない。

1.そもそもPCの性能が低い

見せてもらったPCはdynabookT45/bwであった。まあ、購入当時としてはそれほど悪い選択肢ではなかったと思うが、Celeron 3855Uでメモリ4GBは今の世の中若干つらい。しかし何よりもつらいのが、ストレージがHDDなことであった。HDDはランダムアクセスに弱いので、ウィルス対策ソフトと相性が悪い*1

2.ウィルス対策ソフト

PCにはウィルスバスターが入っていた。これが原因で遅いのかな、、、とか思っていると、さらに「360 Total Security」というセキュリティソフトらしきソフトがインストールされていた。
HDD+2重セキュリティソフトは、確かに地獄の組み合わせだ。何はともあれ、その業者がインストールしたであろう「360 Total Security」をアンインストールすることとした。苦節2時間、「360 Total Security」のアンインストールに伴って、PCは「死ぬほどなんてもんじゃないほど遅い」PCから「死ぬほど遅い」PCに昇格した。

3.恐怖のTeam Viewer

謎の業者が「360 Total Security」をインストールした日に、ほかのソフトがインストールされていないか確認したところ、なんとTeamViewerがインストールされていた。TeamViewerはリモートアクセスツールで、うまく使えば非常に便利なツールであるが、怪しい業者がインストールしたのであれば、間違いなくPC内部の情報を取得しようとしている。これをすぐにアンインストールした。

4.WIndowsUpdate地獄

2重セキュリティソフト+HDDによって、全く動作していなかったPCが少しは動作するようになった際に、WindowsUpdate地獄が発生した。まあ、とはいえWIndowsUpdateには罪はないので、受け入れて終わるのをひたすら待った。

ということで、やっとPCが動作するようになったが、それでも遅いことには変わらない。期限切れのウィルスバスターをアンインストールし、HDDをSSDに換装すれば、このPCでもそこそこ動作するくらいまでは想像できたが、相談者は、「このPCはもう使いたくない」「買い換えたい」とのことだったので、最寄りの家電販売店でるBICカメラに行く。
ASUSのPC(https://www.asus.com/jp/Laptops/ASUS-VivoBook-15-X512DA/)が比較的安価で、性能もまともであったので、それを購入して、データを移行した。無線LAN化したいとのことだったので、鉄板のNECアクセステクニカ製の無線LANルータを購入し、LANケーブルをつなげなくても家の中のどこでもインターネット接続可能な環境とした。

5.新PCのセットアップ

新PCをセットアップ開始したところ、最近のWindowsPCは「なにがなんでもマイクロソフトアカウント」と結びつけようとすることが判明した。MSハゲろマジでハゲろ。取り急ぎ(多分今後もサポートが必要なことを鑑みて)私のMSアカウントでセットアップし、後からMSじゃないアカウントを追加して管理者権限をつけることにした。
MSじゃないアカウントを追加しようとしたところ、MSアカウントを作れ作れと超うるさい。MSハゲろマジでハゲろ。
無線LANをセットアップし、超快適なインターネット環境が構築完了した。

6.Windowsのトラップ初期設定を解除

Windows10は悪くないOSだが、「高速スタートアップ」だけはマジでクソなので、これをキャンセルした。MSハゲ(以下略)。高速スタートアップは、起動時間の若干の向上と引き換えに、システム管理者のストレスを増大させる機能といっても過言ではない。*2

7.サインアウトショートカット

ユーザの切り替えでサインアウトしてもらいたいが、サインアウトは結構操作のハードルが高い。デスクトップにログオフバッチを置いておくと、ユーザを切り替えるという概念を教える際に有効なので、ログオフバッチを作成したが、Windows10のホームエディションにはlogoffコマンドが無かったのでshutdown /lで代替。

なんだかんだ6時間くらいの作業時間で、無事移行が完了したのでまあよかったんじゃないだろうか。古いPCは捨てるとのことだったのだが、非常に状態が良くかつSSD化でよみがえるのが目に見えていたので、もらって帰ることにした。
帰宅後、取り急ぎウィルスバスターをアンインストールしたところ「死ぬほど遅い」PCは「遅い」PCへの昇格を果たしたので、HDDをSSDに換装してメモリ増設すれば少し遊べるPCになることだろう。

*1:厳密にはウィルス対策ソフトによるウィルスチェック中、ほかのソフトの動作が激重になる

*2:この機能が原因でトラブると、原因の推定が非常に難しくなる。というより、シャットダウンのスリーピングモードがs4で再起動がs5とか直観殺しも甚だしい

70巻以上の漫画

年に2回くらい巻数が多い(超長期連載の)マンガを数えて、まとめ記事にエア引用されるシリーズ。

  • 単独で100巻が16作、シリーズ100巻が10作。
  • 弱虫ペダルが70巻超え。
  • コナンが100巻間近で失速。
  • ゴルゴ13がまもなく単独200巻を迎えこち亀を抜く模様。

尚、シリーズの集計は「外伝」と思われるものを除外します。
○が単独。△が単独でも70越え。☆がシリーズ。

年に2回くらい巻数が多い(超長期連載の)マンガを数えて、まとめ記事にエア引用されるシリーズ。

  • 単独で100巻が16作、シリーズ100巻が10作。
  • 弱虫ペダルが70巻超え。
  • コナンが100巻間近で失速。
  • ゴルゴ13がまもなく単独200巻を迎えこち亀を抜く模様。

尚、シリーズの集計は「外伝」と思われるものを除外します。
○が単独。△が単独でも70越え。☆がシリーズ。

識別子 タイトル 巻数 継続 備考
ドカベン 205 ドカベン(48)」、「大甲子園(26)」、「プロ野球編(52)」、「スーパースターズ編(45)」、「ドリームトーナメント編(34)」
こち亀 200
ゴルゴ13 199
ミナミの帝王 160 ただし、「ヤング編(6)」、「ヤング編 利権空港(3)」を含まない
クッキングパパ 156
刃牙 140 グラップラー刃牙(42)」「バキ(31)」「範馬刃牙(37)」「刃牙道(22)」「バキ道(8-)」で外伝を含まない
銀牙 137 「流れ星 銀(18)」、「WEED(60)」、「WEEDオリオン(30)」、「LAST WARS(22)」、「ノア(7-)」を含み、「赤目(3)」を含まない
☆△ キン肉マン 130 キン肉マン(73-)」、「キン肉マン2世(29)」、「キン肉マン2世 究極の超人タッグ編(28)」
はじめの一歩 129
ジョジョ 129 ジョジョの奇妙な冒険(63)」「ストーンオーシャン(17)」「スティール・ボール・ラン (24)」「ジョジョリオン(25-)」
超人ロック 119 くらいだと思われる
浮浪雲 112
美味しんぼ 111
鬼平犯科帳 111
弐十手物語 110
静かなるドン 108
コボちゃん 108 コボちゃん(60)」、「新コボちゃん(48-)」
天牌 108 ただし天牌外伝(37)を含まない)
あぶさん 107
キャプテン翼 107 キャプテン翼(37)」「ワールドユース編(18)」「ROAD TO 2002(15)」「GOLDEN-23(12)」「EN LA LIGA(6)」「ライジングサン(14-)」あと短期連載が3冊。岬太郎を含まない
千里の道も 106 「千里の道も(45)」、「新(16)」、「第三章(39)」、「修羅の道(6)」
釣りバカ日誌 106
江戸前の旬 106 ただし「旬と大吾(3)」を含まない
○☆ あさりちゃん 102 あさりちゃん(100)」、「5年2組」、「2018?! 」
パタリロ 102 ただし、右に記載する外伝4シリーズを含まない「西遊記(8+1)」「源氏物語(5)」「家政夫シリーズ(5)」「パパ(1)」
島耕作 101 「課長(17)」、「部長(13)」、「取締役(8)」、「常務(6)」、「専務(5)」、「社長(16)」、「ヤング(8)」、「係長(4)」、「会長(13)」、「相談役(2-)」、「学生(6)」、「就活(3)」
△☆ MAJOR 99 「MAJOR(78)」、「2nd(21-)」
名探偵コナン 98
ONE PIECE 98
コータローまかりとおる 94 「コータローまかりとおる(59)」「新コータローまかりとおる 柔道編(27)」「コータローまかりとおる L(8-?)」
ドクターK 92 「スーパー(44)」、「Doctor K(10)」、K2(38-)
浦安鉄筋家族 91 浦安鉄筋家族(31)」、「元祖(28)」、「毎度(24)」、「あっぱれ(8-)」
白竜 88 「白竜(21)、「LEGEND(46)」、「HADOU(21-)」
いのちの器 83
鉄拳チンミ 82 鉄拳チンミ(35)」、「新鉄拳チンミ(20)」、「Legends(27-)」を含み、外伝(4)を含まない
ふたりエッチ 82
タフ 81 「高校鉄拳伝タフ(42)」、「TOUGH(39)」を含み、「龍を継ぐ男(19-)」を含まない)
なんと孫六 81
山口六平太 81
ゼロ 78
風の大地 79
金田一事件簿 78 「少年シリーズ(70)」、「37歳(8-)」
銀魂 77
釣りキチ三平 77 釣りキチ三平(65)」、「平成版(12)」
味いちもんめ 77 味いちもんめ(33)」、「新(21)」、「独立編(10)」、「にっぽん食紀行(6)」、「世界の中の和食(2)」、「継ぎ味(5-)」
DEAR BOYS 76 DEAR BOYS(23)」、「ACT2(30)」、「ACT3(23)」、を含み「OVER TIME(3)」「ACT4(5-)」を含まない
まるごし刑事 75
BLEACH 74
カイジ 74 「黙示(13)」、「破戒(13)」、「堕天(13)」、「和也(10)」、「ワンポーカー(16)」、「24億(9-)」
テニスの王子様 73 「王子様(42)」、「新(31-)」
かっとび一斗 72 「かっとび一斗(46)」、「風飛び一斗(26)」
NARUTO 72
男塾 72 「魁(34)」、「暁(25)」、「極(7)」、「真(6)」
DREAMS 71
弱虫ペダル 71


次回用メモ

  • 土竜の唄(69)
  • 夕焼けの詩(67)
  • 王家の紋章(66)
  • G・DEFEND(66)
  • かりあげ君(65)
  • 黄昏流星群(63)
  • キングダム(60)
  • 絶対可憐(60)

超人ロックこちらid:soorceさんによりカウントされた93巻以降、風の抱擁が(3)+4、ホリーサークルが(1)+2、刻の子供達が+3、ラフラールが+4、ドラゴンズブラッドが+4、鏡の檻が+5、ガイアの牙が+3、カオスブリンガーが+1。または、こちら参照
シティハンターシリーズはシーケンシャルな物語でないので、集計から除外。
金田一シリーズはこちら
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%94%B0%E4%B8%80%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%81%AE%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E7%B0%BF

専用ツールと汎用ツールのはざまで

最近検査ツールを作っている。どのようなツールかといえば、端末の中の状態をリモートから取得し、その状態が想定通りなのか確認する検査ツールである。

過去の問題点として、検査ツールを「いろんな人が都度作成する」という問題があったため、過去の検査項目をパターン化・共通化し、パラメータ設定するだけで検査可能とする。設定だけで検査不能なパターンが新たに発生した場合は、検査パターンを追加すればよいという設計にしてリリースしたのだった。

検査ツールは社内にそれなりに広まっており、バグ報告や、検査パターンを増やしたいという要望や、この検査はどのようなパラメータで実装すればよいかといった相談が増えてきており、ツールとして成長してきたところに「既存の検査ツールを本ツールに置き換えたい」という要望があった。既存ツールは検査の都度、新たにコーディングが必要であって、そのコーディングが作成者しかできない、さらにその作成者の退職が間近に迫っているという問題意識から発生した要望であった。その相談の打ち合わせに参加したところなかなかの経験をした。既存ツールの作成者がやたら突っかかってくるのだ。

既存ツールでできるが、こちらのツールでできないことを非難してくる。いやいや、この打ち合わせは「フィット&ギャップ分析」の場であって、ギャップを非難する意味はあるのか?ということを言ってもなんだかんだ言ってくるので、既存ツールの問題点を指摘したところ相手の態度が硬化した。要は「自分のツールの優位性をアピールしたかった」だけなのだろう。ということで、絶賛喧嘩中な感じだ。

既存ツールの問題点はわかりきっている。属人性が高く、条件が変わるたびにコーディングが必要なところだ。さらに言えば「素人プログラムなので移植性と可読性に欠けている」ところも問題だ。一方、長所もわかっており、利用者の意見を取り入れたカスタムがやりやすいところが長所といえる。

こちらのツールは既存ツールの全く逆で、属人性が低くなるが、即時性のあるカスタムは難しい。

汎用SWと専用SWには常に同様の関係性がある。設定で大体のことができるけれども、小回りが利かない汎用SWと、設定変更でできることは極めて限られているけれども、限られた範囲では最大のパフォーマンスを発揮してくれる専用SW。どちらが優れているのではなく、使用する場面で優劣が変わる。

ということを理解していない人とのやり取りはめんどくさいなあと思った次第であった。

(寝坊を完全に防ぐのは)難しい

半年前位に、寝坊で客先に遅れた社員がいて、それについて社内のお偉いさんが「どう防ぐんだ」とかわめき散らしていたのが非常に滑稽だった。数千人の社員がいれば、たまには遅刻するやつもいるだろう。例えば1000人が250日働けば25万人日だ。25万人日なら100回くらい寝坊があったって不思議じゃないよと思う。

こんなのは個人に対してのマネジメントで解決する話じゃない。また、寝坊を0にすることは不可能だし、寝坊を検出することも難しいだろう。それこそある時間帯になったら強制的に目が覚めるような薬物を血管に流し込むような仕組みや、個人にSIM付きのGPSを埋め込むなりすれば可能かもしれないが、寝坊で発生するデメリットと比較して全く見合わないだろう。

寝坊のリスクに対して会社が可能なことは「疲労の軽減」しかない。疲労軽減させたところで、寝坊リスクは完全には無くせない。無くせないリスクは受容するしかないし、ごく低確率で客先に遅れることは、受容できないリスクではないだろう。

もうね、バカとしか言いようがないねホント。

実家simズレ問題

先日実家より、携帯電話が使えなくなったという電話があった。症状を聞く限り、simが接触不良を起こしており、それが原因でつながらなかったようだ。

まあ、よくあることではあるものの、「親に有線電話でsimずれを直させる」事の難度は非常に高いものであった。

まず、simのささっている場所がわからない。記憶を頼りに機種を特定し、その機種のマニュアルを探し、「sim」で検索するも見つからない。マニュアルをよくよく読んでみると、simではなくFOMAカードと呼ばれていたことが判明。今度は「FOMAカード」で検索すると、FOMAカードがささっている場所が判明した。裏蓋を外して電池を外せばFOMAカードのスロットにたどりつけるようだ。

裏蓋は簡単に外れ、電池も簡単に抜けた。しかし、FOMAカードの抜き方を説明するも中々伝わらない。相手の持ち方によって上下左右は変わってしまうが、相手がどのような持ち方をしているのかわからんのだ。また、FOMAカードのスロットを引き出すためのツメを表現するのも苦労した。なんとか説明して、FOMAカードを抜き差ししてもらい、電池装着。電源いれると無事使用可能となった。

教訓としては「高齢の一人暮らしの肉親宅にはsimの抜き差し手順書を作っておいておくくべき」ということだろう。また、有線電話は一見いらないもののようだけど、バックアップ回線として極めて優秀ということがわかった。特に遠くにいる肉親をサポートするのに非常に役に立つ。携帯電話は有線電話とあらゆる面で物理特性が異なるので、お互いのバックアップとして極めて有効に働く。「充電で動くが、充電器がないシーンと、充電切れに弱い携帯電話」に対して、「充電では動かないが、電源さえあれば動作する有線電話」。「SIMの接点が浮くだけで動作しない携帯電話」と、「ケーブルが刺さっていれば大体動作する有線電話」。

似たようなことができるけど違う仕組みで動いているものは、案外重要ですよという話でした。ちなみに我が家にはSIMが刺さっている機器が4台と有線電話回線があります。

システムに必要なのは王大人

魁!男塾 というバトル漫画に見えるギャグマンガがあって、非常に好きだったりした。
この漫画の登場人物に王大人という名前の人物がいて、まあなんというか「死亡確認」の人だ。男塾の登場人物は頻繁に死んだり生き返ったりするのだが、明確な死亡判定は王大人が実施する。王大人が「死亡確認」といえばその人物は死んだとみなされる。
ところが、大体の「死亡確認」された人物はその後復活する。実は生きていたとか、王大人が蘇生させたとかあるわけだが、まあ王大人の判定は誤っていない。死んでいようが生きていようが「死亡確認」された時点でその人物は物語から一旦退場するのだから。


王大人が「死亡確認」と言ってくれなければ、戦闘不能な人物は物語から退場できない、退場できなければ物語は進まない。「死亡確認」とは死亡を確認したのではなく、物語からの退場勧告なのだ。


2020/10/1に東証で起こったシステム障害(全てのビジネスパーソンが、東証の“完璧すぎる記者会見”を見るべき理由 (1/2) - ITmedia ビジネスオンライン)は、HWが故障したから、正常なHWがそのHWの代わりをすべきなのに、故障していることをうまく認識しないことから発生した。これはシステム屋あるあるで、故障を故障と判断するのは非常に難しい。なぜならHWが「完全に故障する」ことは少なく、大体の場合は「中途半端な故障」が発生しているから。そして「中途半端な故障」は発生させることが難しいので、テストができないのだ。

故障は0と1ではなくグラデーションだが、線引きをどこで行うのか、だれが行うのか、どうやって行うのかが重要だ。故障したHWをシステムから確実に排除するのは難しい。それこそ王大人のように適切な排除をジャッジしてくれる人物はまだ登場していない。